anemone

美味しいものの話から、ただの独り言まで。

JOKER

f:id:anemone-kaori:20191114210800j:plain

JOKER

観てきました。ホアキン・フェニックスの素晴らしい演技に思わずゾクゾクして、今年観た映画の中で一番好きだったかも。

意図的に生まれたのではなく、社会が生んでしまった悪のカリスマJOKER。

まっとう生きようとしていた彼は社会に踏みにじられ踏みにじられ、どうしようもない環境にいた。突然笑いだす感情失禁の症状は人に誤解を与え、更に社会から跳ね飛ばさる。その感情失禁の原因が母親からのネグレクトや虐待を受けた時の頭部外傷が原因だったのかと分かった時の絶望感。恋人に慰めてもらっていたのも全て妄想だったという虚無感。

もう辛い。

誰か助けてあげてほしかった。

しかしJOKERになった彼は誰でもを殺めるのではなく、自分に危害を加えた人にだけ攻撃した(殺し方は無惨だったけど)。だからきっと心の底から悪い人ではないのではと思ってしまう(悪いんだけどね)。静かに壊れていく姿はただの悪役とは思えない悲哀、虚無、孤独を感じて辛かった。

でも思った。JOKERの周りにいたような人、どこの社会にもいるなって。

怖いなー。こんなことが現実でもきっとあるんだよね。

もっと優しくいたい。