anemone

美味しいものの話から、ただの独り言まで。

肝に銘じる



f:id:anemone-kaori:20171009212700j:image

instagramに今の私にはぐっとくる言葉があった。

2番目の人がいるから1番目の人がいて

誰かの不幸が誰かの幸せにつながることもある

いつまでも幸せな人もいなければ

いつまでも不幸な人もいない

順番がある

その苦しみや悲しみは

いつか誰かに役立つことだってある

あとは起きたことを どうとらえるかだけ

 

というもの。

そうなんだ。こころの中ではわかっていても、つい人と比べてしまう。自分の中のものさしが狂いやすい。今、何が不満なのか 悲しいのか 不幸だと思うのか。

問いかけてみると不満はないし、幸せだと思うのに。他人を見て、自分にないものをうらやましく思ってしまう私はわがままだと思う。“わがまま”自分で思うのは良いけれど、人にそうは思われたくない。これも厄介だ。

でもね、忘れるな私。

あの頃に比べて私の人生は喜びに満ち溢れているじゃないか。私の苦しみや悲しみは今の人生に役に立っている。無駄なことなどなかったし、今はそりゃ言い出せばまだ希望はあるけれど、欲ばかり深くなっては目の前の大切なものが見えなくなるから。

気を付けろ、私。

毎日普通に暮らせる事、それだけで幸せなんだよ。