anemone

美味しいものの話から、ただの独り言まで。

母を想う

f:id:anemone-kaori:20180910163910j:image
少し長めにもらったお休みで久しぶりに実家へ帰った。

友達とは少しだけ会えたけれど、どうしても家族が優先になってしまう。

母ももう61歳。とはいってもまだまだ若いし、働いているし(夜勤までしている)、何よりも今までの母の人生の中で一番生き生きとしている。親族からは母一人地元に残して自分だけ外に出るなんてと散々言われてきたけれど、母は母の人生を楽しんでいるように見えるし、元気でいてくれたらそれで良い。実際元気なのだけれど、父の事もあるし帰省の時はできるだけ母のそばにいようと思っている。

今回は母が友達と行きそびれた長崎の教会に行きたいと言っていたので、プチ旅行として一泊することにした。私は特段パワースポットには興味はないのだけど、母が喜ぶなら良いと思っているので付き合うことにした。もちろん自分の楽しみも織り交ぜて(笑)

独身の頃は母の誕生日に旅行に連れて行くのが恒例だったけれど、結婚してからはそうもいかないので久しぶりの旅行だった。

雨予報だったけれど外に出るタイミングに雨が降ることはなく晴れ女っぷりを発揮。


f:id:anemone-kaori:20180910164040j:image
f:id:anemone-kaori:20180910164058j:image

途中疲れてホテルで一寝入りしてから行動し、夕飯は出島ワーフで外を眺めながらゆったりと。次の日の朝は私が一番行きたかった長崎で一番おいしい(であろう)パン屋さんへ開店(6:30)と同時に買いに行き、ホテルで食べた。

普段離れていると、こんな何でもない旅行がとても宝物のように感じる。

離れているからこそ・・・なのかもしれない。

楽しかったな。

母は私が幸せだったらそれだけでいいと言う。私も同じことを思う。

母が幸せで充実した毎日が過ごせていれば、それで良い。
f:id:anemone-kaori:20180910163945j:image

 

コーヒーゼリーとお喋り


f:id:anemone-kaori:20180901223330j:image

ただいま

 

飛行機がついてすぐに向かった場所で

激レアなコーヒーゼリーを食べながら

気がついたら4時間お喋りしてしまった。

 

帰ってきたなと思える場所があるって

幸せだなと思う

となると、私はどこにいても幸せだなー


f:id:anemone-kaori:20180901223637j:image

今度は別の友達と夕飯を。

f:id:anemone-kaori:20180901223723j:image

平日の夜に出てきてくれるなんて

本当にありがとう(>_<)

メールでやりとりするより

直接会えたら何百倍も伝わる…というかもう言葉なんていらないよね

f:id:anemone-kaori:20180901223818j:image

あぁ。

幸せでした。

ありがとう!

やっぱりカフェが好き

f:id:anemone-kaori:20180418191529j:image
f:id:anemone-kaori:20180418191558j:image

カフェが好きだ。だいぶ昔から、なぜかカフェ巡りが好き。

オーナーさんのこだわりの空間にいることや、素敵な食器に盛り付けられたこだわりのスイーツ(またはご飯)が出てくる瞬間がたまらなく好きなのだ。

ふだんの生活の中ではどうしてもこだわれないところだし、でも、こだわりたいという願望もある。そのヒントになるから通ってしまうのかもしれない。

味はもちろん一番大切だけど、見た目は第一歩。食べる前にワクワクしたいな、なんて。

そう、ワクワクしたい。


f:id:anemone-kaori:20180511052120j:image

 

4月、個展をさせてもらった行きつけのカフェが閉店した。

とてもまねのできない可愛いお菓子を出してくれるカフェだった。

12年前地図を片手にたどり着いたその小さなお部屋は、12年間通いつめた言わば私の第二の家みたいなものだった。


f:id:anemone-kaori:20180511052141j:image

時がたてばいろんな事が変わる。

寂しいけれど前向きな選択だったと理解して、またいつか可愛いものを作ってくれると思う。

そんな私のに親友がケーキを送ってくれた。

もう食べられないと思っていた大好きな栗のチーズケーキ。

ありがとう。

 

懐かしいお気に入りのケーキの味。

心遣いと嬉しさと寂しさで、泣いた。