anemone

美味しいものの話から、ただの独り言まで。

おめでとうおめでとうおめでとう。何度言っても足りない。

f:id:anemone-kaori:20180213222515j:image

お母さんが38年前に自分のために作ったウエディングドレスを、今度は娘のためにリメイクした 思い出深い衣装を身にまとって。なんて胸のぎゅっとなる話だろう。

案の定私は、親友の姿を見ながらずっと泣き続けていた。頼まれていたスピーチはあえて考えず、その時思ったことを言おうと思っていた。でも本当は考えていったところで泣いてしまって話せないと分かっていたから、今までの思い出の写真をまとめてメッセージをびっしりと書いた写真集を作っていたのだ。

しかし、やっぱり私。泣きながら結構長くスピーチしてしまった。

言いたいことはいった。

親友は今まで見たことのない顔で笑っていた。

幸せでいてね、これからも。

私は彼女が幸せだったらそれだけでいいんだ。

f:id:anemone-kaori:20180213222456j:image

クルーザーの中から見た光。

披露宴の終盤に太陽がやっと顔を出す。

オレンジの光は暖かい気持ちになった。

長崎空港から旅客船でハウステンボスへ

f:id:anemone-kaori:20180210112227j:image
空港から直結の船着き場には小さな券売機とその奥に窓口がある。ハウステンボス行きはその窓口でチケットを買う。

ちょっとした遊覧船のようなものを期待していたけれど、小さな旅客船だった。前に福岡から壱岐へ行ったときのような船。

運転席が見えるためレーダーや見慣れないメーターなどをちら見しながら他のお客さんを眺める。乗り込んできたのはそう多くはなく、親子旅行かなと思われる二人、20代後半と思われるカップル、シニア世代の夫婦二組(一緒にきている)。

外はどんより曇りだから甲板(というには狭すぎるが)には誰も出ていないがそれぞれがいい距離を保って座っていた。

 家を出てから7時間。

遠いな…でもそれよりもワクワクドキドキしている。

 もうすぐ彼女の晴れ姿。

想像しただけで泣ける。

グリフィス天文台

f:id:anemone-kaori:20180210075206j:image

映画ラ・ラ・ランドで有名になった

グリフィス天文台 

 

建物も素敵でした。

ロサンゼルスの夜景を一望できて幸せだったなー。

 

#ロサンゼルス

#グリフィス天文台